10月11日カイ的高期待値レース

京都6R ☆☆☆

本命3ヴィルトゥース

対抗4マテンロウディーパ

単穴1ヴェルザスカ

穴抑え5ムーンライト

単複3メイン

三連複3-4.1.5-4.1.5.6.7.8.9.10.11.7

ワイド本線3-4 抑え3-5.9

馬連3-1.4.5.9.10 

まず前提として、私はアンジュミニョンの1勝クラス勝ったレースを評価している。

前半が中々厳しい流れながら押し切った勝馬は強かったと思う。その裏付けにアンジュミニョンは上のクラスでも次走2着次々走3着。

評価したレース当日の阪神の馬場は絶対的に内を通った馬の天国で、2着にきたマテンロウスパークは恵まれていた分と解釈した。

本命のヴィルトゥースはこれを前半からピタリ外からマークしての3着。最後は0.2負けてしまったが、外回った分と斤量差。10月から3歳との斤量差は1kg詰まるので相対的に前走走ったより恵まれるはず。

馬場もこなせるだろうし、距離は1400がベスト。内枠先行も馬場傾向にマッチしている。

一方反動が出やすいので当日馬体重には注意。以前プラス体重で出てこられたら超チャンス。マイナス体重なら少々勝負度合いを下げるのが良い。

妹(ダブルアンコール)には負けてられない姉の意地を見せて欲しい。

対抗4マテンロウディーパは上でも述べた通りで、当該レース2着馬で評価は依然下げられない

単穴1ヴェルザスカは馬場考慮すれば前走勝ち時計も良い、新馬戦だったと考えれば上々の出来だと思う。

何より2走目のレース慣れによる上積みに期待が持てる。

穴のムーンライトは前走凡走で人気落としすぎ。前崩れがあれば一番最初に突っ込んでくるのはこの馬だと見ている。

小銭で前崩れの穴を狙いに行きたいならここからでも良い。

東京10R ☆☆☆☆

本命9タガノアム

対抗8アードラー

単穴3ジャスパープリンス

☆12ドリュウ

単複9メイン

ワイド9-3.8.12.7&3-7(5点)

馬連9-3.7.8.10.11.12.13(7点)

三連複9-3.8.12-3.8.12.1.3.5.6.7.10.11.13.14(27点)

前走1400mのOPレースで3着、絶対的前内有利のコースを外回しで3着はかなり好内容だった。

また前走で1.2着馬は内先行の馬だった上、今回は不利な内枠に入ってしまった。相対的にはこれらには先着できる算段は立つ。

その上前走は思ったよりも位置を取れていたので、今回も同様にポジション取れるようなら勝機もあると見た。

馬場についても、重不良の適性は過去成績(0-1-3-3-0)で5着以下0の抜群を示している

ジョッキーもカデナ?のつもりで上京してたはずだが、結局乗らないのでここでしっかり賞金ゲットしてもらいたい

対抗のアードラーは上記の同じレースに出走して更に絶望的な位置から3着争いに加わってきた。

東京1400の方が差しは届くコースだけに差し祭りになったとき時点で来るのはこの馬か。

単穴は1番人気なので説明略。前走では先行力を買っての対抗だったが、内枠&コース替わりで評価を下げた。

穴で面白いのは7エテルニテ。鞍上強化&好枠GET&馬場コース適性○で前残る展開になった場合粘れるのはこの馬。