カイの菊花賞

菊花賞の予想が好きすぎて、たくさん思考したので、今日は厳選1鞍で菊花賞予想結論を出しました。

因みに去年の三連単は4点で仕留めてるので、得意なハズです。

予想:

本命3コントレイル

対抗5サトノインプレッサ

単穴6ヴェルトライゼンデ 

抑え8ディープボンド、14ヴァルコス

展望:

一通りのトライアル、上り馬の勝ちレースを見てそもそも勢力図が全く春から変わってないと見た。

その裏付けとしては神戸新聞杯で、病み上がりの直線競馬に賭けたヴェルトライゼンデが上り最速で2着に来ていることからも皆周知の通り。

コントレイルは万が一ここで負けたとしても歴史的名馬なので、本命は揺るがない。

そうするとダービーで直線進路取りミスで4着と辛酸を舐めたサトノインプレッサに食指が伸びるのは当然。

そもそも連闘で使ってG1勝つ矢作厩舎。なので間隔が詰まっているのは全く問題ない。

前走の仕上がりは個人的に過去最悪だったと思う。ところが今回の追い切りの動きは時計的にも素晴らしく良化したし、駆動のスムーズさがまるで違う。上昇度はかなり見込める。

そもそも陣営もこの馬はこのペースでは脚がたまらないこともわかったはず。

単穴にとったヴェルトライゼンデは能力、舞台適性は認めるし力上位なのもわかったが、どうも右回りにぎこちなさを感じる。

後、追い切りの動きも微妙に違和感を感じる。出来は悪く無いんだろうが、完調とまでは言えないように見えた。

抜けた2番人気になってしまっては旨味も無いし、印を落とした。本当なら馬連1点で買いたいくらいだが。

抑えのディープボンドは前で唯一残ったスタミナを評価したい。コントレイルがいる限り、オーナー、陣営的にも色気ムンムンでは乗れないので、そこがネックとなって抑えまでになったが、能力はかなり良いものを持ってる。イメージ的にはゴールドシップの菊花賞の3着、ユウキソルジャー。

14ヴァルコスは調子がイマイチ良くない。ただ運動量だけはめちゃくちゃ増やしてきてるので、長距離仕様には完成されているはず。厩舎も友道厩舎。もはや菊花賞では穴工場。不運の乗り替わりとなってしまったが、長く良い脚を使えるこの馬に岩田J騎乗は間違いなく合うはず。

配当に妙味が無いので、ヴァルコス以外のセントライト上位馬は切った。

3F戦であの脚しか使えない馬たちでは5F近くのスパートは堪えるし脚が鈍るはず

馬券:

馬券はこんな感じで。直前買い足すかもしれないけど、これは最低限買う。

馬連&ワイド3-5

三連複3-5.6.8.14(6点)馬連3-5.6.8.14(4点)

抑え:三連複3-5.6.8.14-1.2.5.6.8.9.12.13.14.16(30点)

三連単3→5.6.14→5.6.14(6点)

それでは皆さん。歴史的勝利を最大限楽しめるよう、悔いのない馬券を練ってください。馬券は自己責任でよろしくお願いいたします。